賃貸マンションへの引越しの流れ

賃貸マンションへの引越しをする流れとして一番最初に行なうことは2トントラックのレンタカーを借りる予約をすることです。それから、荷造り用の段ボールを集めることも重要です。スーパーに行けばちょうど良さそうな空き段ボールを貰うことができます。小さすぎるのはやめて、ある程度の大きさのもので、できるだけキレイな段ボールを選びます。それでも不足する場合はホームセンターで大きさを確認した上で段ボールを買います。そして、荷物を段ボールに詰めてガムテープで留めます。大きな電化製品はそのまま運びますが、冷蔵庫はあらかじめ品物を取り出して、電源を切っておきます。

引っ越し当日にレンタカーを借りてきて、トラックに荷物を運び入れます。アルミバンタイプのトラックであればロープで縛る必要がないので楽です。しかも雨が降っても風が吹いても荷物に損傷は出ません。目指す新居へ向けてトラックを走らせます。目的地に着いたらすぐに荷物を運ぶのではなく、新居の床の拭き掃除くらいは済ませておいた方が良いです。それから荷物を運び入れ、レイアウトやセッティングは後回しにして、レンタカーの燃料を満タンにして返しに行きます。その後は、マイペースで荷造りをほどき、様々な家具や家電製品をセッティングします。これが引越しの流れです。

Copyright 2017 アパートでの楽しかった生活 All Rights Reserved.