アパートとマンションの違いについて

アパートとマンションの違いって改めて考えてみると、個人によってあやふやな定義がされていることがあります。不動産業界でこの二つを区別する基準を調べてみました。それは構造です。「アパート」は木造や軽量鉄骨造りだったり、プレハブ造りですが、「マンション」は鉄骨造(鉄骨ALC造)や鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)になります。

「コーポ」という表現もアパートだと思っていていいでしょう。では、この構造が違うと何が変わるか、それは「防音」です。アパートの場合は軽量鉄骨造でも壁や床は木造だったりしますので、隣の生活音は聞こえます。マンションは隣の部屋との境になる壁がコンクリート壁で仕切られていますので音漏れは少ないといえます。

ですが、アパートタイプであっても、最近は防音性に優れた軽量鉄骨のアパートもありますので、物件次第です。この違いを踏まえたうえで、納得がいくのであれば、アパートのほうが賃料は確実に安いですし、隙間風も換気と考えれば住みやすいともいえます。個々人でこだわるところは違いますし、それぞれ長所もあれば短所もあります。ゆずれる、ゆずれないの判断をしっかり見極めて物件を選びましょう。

Copyright 2017 アパートでの楽しかった生活 All Rights Reserved.