アパートを借りている人の「借家権」の対抗要件

アパートを借りて住んでいて、その大家がその物件を突然売却して大家が変わり、その新しい大家が急に「今日から持ち主が変わりましたので、出ていってください」と言われてたら、困りますよね?アパートを借りている人にも立派な権利があります。それが「借家権」です。住宅に関して賃貸には、借地借家法の適用があり、賃借人の保護について多くの規定があります。そして、この借家権があることを第三書に主張することを「対抗」といい、対抗できるために何をしてあればいいのかが、「対抗要件」です。

土地を借りて家を建てている場合には借地権がありますが、通常借地権は物件の地上権であることは少なく、多くは賃借件です。この場合、地主に賃借権の登記を依頼しても、地主は強力義務がないため登記されないことがほとんどです。その場合には、土地を借りている人が、自由にできる建物の登記をすることで、借地権の対抗要件とされていますが、アパートを借りている人の借家権の場合は、家も借り物であるため、自由にできる登記がすらありません。

そのため、この借家権の対抗要件は、建物の引渡しを受ければ足りるとされているのです。つまり、鍵をもらって住んでいれば、「この家を借りる権利を私が持っています」と主張できるのです。

Copyright 2017 アパートでの楽しかった生活 All Rights Reserved.