アパートを借りる場合の諸費用はどのくらい?

学生時代アパートを借りて一人住まいをした人も多いのではないでしょうか。その前の世代は下宿といったやり方が多かったと思います。賃貸の形態は、その時代によって異なってきますが、敷金や礼金などは昔の名残を残しているのです。アパートの入居する場合の初期費用はどのようなものがあるかといえば、引越し費用はさておき、家賃1ヶ月、または中途入居であれば日割りで精算金があり、敷金と礼金、それに不動産屋さんの仲介手数料、それに火災保険の加入が義務付けられているアパートはそれも入ります。保証人無しの場合は、保証会社に対しての保証料が発生するだろうし、おおよそこんなところではないでしょうか。

最近では礼金敷金無しや、敷金だけ、または礼金敷金が1ヶ月ずつといった割安なアパートが増えてきています。しかし、礼金はともかく敷金は、家賃滞納時の裏づけと言う意味合いがあるし、引越しする時に部屋のクリーニング代金に当てることにもなります。ちなみに、敷引きは禁止されているので、前もって精算金を敷金で当てることを約束しておくことは出来ません。アパートを借りる時、前もって諸経費はいくらになるか、しっかりと確認しておくのが良いでしょう。

Copyright 2017 アパートでの楽しかった生活 All Rights Reserved.